恋愛体験談3

10歳の年の差など全く感じず、・・・。


遠距離の恋愛に疲れてしまって、つい近場の人を探していました。

その時にふと目についた彼。日記を書いているようで、読んでみました。

すると、私と同じ病を抱えている事を知りました。

それからメールを送り、直メ、電話へと発展。


病の他にも様々な共通点があり、10歳の年の差など全く感じず、お付き合いする事になりました。

お互いがお互いの光となり、今は幸せな生活をしています。

本当にありがとうございました。

付き合ってからいろいろお互いの事を知って好きになるって事もありじゃない?


この度9月17日に私達は結婚式を挙げ晴れて夫婦になりました。

私達の出会いは2003年の6月でした。

職場ではすごく異性に縁が無く出会いを求めてラブサーチに登録しました。

いろいろな人との出会い別れから、少し人間不信になり、これでダメなら正直やめてしまおうと思っていた時でした。

「気楽にメールしようよ。」のメールがなぜかその時の私には「友達からの始まり」で彼・彼女という前提ではなく、とても気が楽になれそうだったのでこの人とメールから仲良くなろうかな。

と思い、メル友を始めました。


とてもマメな人で、メールするのがとても楽しくて、一週間くらいたった頃から、電話したりして話してみても楽しい人でした。

しばらくすると電話で「付き合ってみる?」と言ってきたのです。

とまどっている私に、「付き合ってからいろいろお互いの事を知って好きになるって事もありじゃない?」と。

あっ、そうか!!今まで私は彼とはこうでなきゃ、好きでなくては、と決めていたからいつも疲れてしまったのかも。

と思って、今までとは違う付き合いもいいのかも。と付合いを始めました。

仕事上、週末の一日だけしか逢えず、月に2回逢えたらいいほうでした。

なんだかこれって付き合ってるのかな?と不安になり、やっぱりダメかな?と思うようになりました。

思っていても気持ちを言うことができなくて、仕事で忙しいから、わがままを言っちゃだめだ。

と自分に素直になれなくて、いつも彼の言うままで。

彼には気持ちを伝えれなかった事が続きました。

不安と自信のなさからつい電話ごしに、「私で良かったの?」とないてしまいました。

そんな私に、「良かったよ。だけど、逢いたいなら逢いたい話したいなら話したい。

って自分の気持ちを言わないと俺は何もしないよ?」とハッキリ言われました。

今までお付合いした方にはないこの私のダメな所と良い所をはっきり言ってくれたいつしか私は本当に好きになっていました。


半年くらい過ぎ私の手に、「はい。半年記念のプレゼント。」と私の大好きな人形をプレゼントされたとき、思わず抱きついて泣きじゃくってしまいました。

いきなりのドッキリで、うれしいやらびっくりで涙が止まりませんでした。そんな私を優しく抱きしめて手で涙をぬぐってくれました。

私と6歳年が違います。お兄さん肌で物知りで、いつも大きくどっしりかまえている彼に、いつも甘えてばかりの私。

これくらいの時から、「こんな方とずっと一緒に居れたらなぁ。」と思っていました。

いろいろ遠くへドライブに連れていってくれる彼。ホームセンターで買い物をした時でした。ふいに彼は

「一緒に生活したら、お前はこんなカーテンつけるんやろ?」

「俺と一緒に生活したら、こんな物部屋に置く?」

と、今思えばこれが彼からの初めてのプロポーズだったのかもしれません。


それ以来、私達は一緒に居る事の当たり前さという雰囲気になってました。

1年半頃、私の父から、「毎回迎えに来る方はどんなつもりでお前といるの?」

その言葉で「結婚」という事を二人が意識しました。

それから彼が私の家の来て、父親と会い「Nさんとは結婚したいと思ってお付合いさせていただいてます。」とその言葉におもわず涙が出ました。


父と母は反対もせず、ただ「私の大事な娘だから、君にあずけるよ。そのかわり、あずけたからには、返品はしないでね。」と。

父と母も彼をみとめてくれました。その時した父との約束が「2年後に迎えに来ます。」の言葉。

それからの1年間、ふだんよりも門限にはキッチリと家に送ってくれた彼。

月に2回のデートも、月に3、4回へとかわり、彼の好きなキャンプをしたり、2人で料理作ったり、楽しくお付合いをしてきました。

今年に入って「指輪とかはやっぱ2人で選びたいからね。」「使ってもらいたいから」っていってた

のを聞いて、本で自分の好きな店へパンフレットを取り寄せてみたり、いろいろ動いていた私に、

「こんな積極的やったっけ?」と驚いていた彼。

「この店のが好きだけど、実物ちゃんとみてみたいから、店に連れていって??」と言うと、すんあ

り「いいよ。」と連れていってもらいました。お店の感じからなんとなくギクシャクする感じで・・・。


あまりお金をかけてほしくなかったので、「石は大きさよりもカットでキラキラしたのがいいなぁ。」と

私が言うと、お店でいろいろ付けていろいろ見てた私に、「これがいい?」と聞いてきたので「うん」

と答えると、「これ下さい。」と・・・。「・・・。」今日は見に来ただけでしょ?とまたびっくりさせられ。

数ヵ月後エンゲージリングと彼の両親と彼が、約束通り「さんを下さい」と私の両親の所へ。

それから半年で式の日取りも決め、衣装を選び、私の大好きな和服での挙式。

今思えば、こんなに素直に気持ちを言えるようになった自分。

は、ラブサーチさんで出会わなければ、一生得ることができなかったのではないかと思います。


今は新婚生活三ケ月目。毎日が楽しく、また二人での生活している中で新しい発見もあり、

子供は、来年になったら作りたいと思って、今は二人の生活を満喫中です。


本当、出会いにあきらめなくて良かったです。

これからもずっと仲良くしていけたらいいな。


チョコレートとアロマトピアを当てて下さり、どうも有難うございましたm(_ _)m×∞

相手とても喜んでくれて、私も頑張って応募して良かったなぁと心底思いました。

あれからメールや電話でのやり取りが続き、私はすぐに会いたくなくて、彼の方も仕事が忙しくて四月になればようやくゆっくり出来るかもといった状況で、

ホワイトデー迄に会う約束はおろか、御付き合いする相手かどうかも今いち判らないまま、

日にちだけがどんどん過ぎていく感じで、結果、今の所は完全なメル友の状態なので、

サイト上に体験談として載せていただかない方が無難かなぁと思う次第であります。


けれど、彼はとても優しい人で、メールのやり取りが楽しいので、

失ったらきっと寂しさを感じるだろうなぁと。


これからもずっと仲良くしていけたらいいなと思わされる相手です。


自慢じゃないですが、けんかはしたことがありません!


このたび10月13日に無事に結婚式をあげることができました。

思えば2年前、彼からのエンメがきっかけでした。

メールでのやり取りは初めてだったのですが、最初のころから電話しているような親近感でした。

年が近いことと趣味が同じということもあり、毎晩のようにメールのやり取りをしていました。

そのころのメールはすべてが記念のメールみたいな感じです。


メールしてしばらくたったときにちょうどクリスマスの「プレゼントで告白キャンペーン」があることを知り、

私はいろいろと話を聞いてくれる彼に感謝の意味を込めて応募しましたが、残念ながらキャンペーンにもれてしまいました。


しかしちょうどそのとき彼からデートのお誘いが。

クリスマス当日に二人でミレナリオを見ながら食事、というデートになりました。

二人が顔をあわせるのはその日がはじめて。

当日は二人とも最初から最後まで緊張して何も話せなかったような記憶があります。


食事が終わり、銀座をいろいろと歩き回りました。話すことはあまりなかったけど、

メールをたくさんしていたせいか、二人でいる時間がもっともっと長かったような感じさえしました。


そして日が暮れてミレナリオのなかを二人で歩きました。「きれいだね?」という言葉ばかり

いっていたような...。イベントのクラシックコンサートもちょうど雰囲気を盛り上げてくれた感じがします。


そして別れ際に彼からネックレスのプレゼントが。そう、それは告白キャンペーンのネックレスだったのです。

自分がもらう立場になるなんて思わなかったのでとてもうれしかったです。

その後、彼がディズニーランドのカウントダウンイベントに誘ってくれました。

二人でシンデレラ城に入ってすぐにカウントダウン。

カウントダウンと同時に花火が上がり、盛り上がったところでなんとシンデレラ城でプロポーズ。

それはもうびっくり! うれしさと驚きでなにがなんだか憶えてないのですが...。

その後はとんとんと進み、3月に彼のマンションで同棲をはじめ、その年の彼の誕生日に入籍。

そして結婚式...入籍1年という節目に式を上げることができました。

ここまでがあっという間でしたが、二人とも昔からずーっと一緒にいるような感じです。

私自身、この間に仕事をやめ、また新たにパート勤めをはじめました。なるべく彼を支えたくて...。

でも、パートで帰りが遅いときは二人で買い物をし、ちょっと手抜きもしたりして...・お互いに助け合いながら日々楽しく過ごしています。


自慢じゃないですが、けんかはしたことがありません! それだけ彼が一歩引いて見てくれるのかもしれませんが...。

これからも二人で力をあわせて楽しい家庭を築いていきたいと思います。


二人を引き合わせてくれたラブサーチに感謝します!

バレンタインデーに入籍を果たし、海のそばの新居でラブラブ生活満喫中。


去年の4月16日に私たちはこのサイトで運命の出会いをしました。

その日以来、毎日メールの交換を重ね、12日目の27日に初めてデートをすることになりました。

初めてのデートの行き先は、横浜の八景島シーパラダイス!

でも、当日は傘もさせないほどの嵐でした。このときは、この先私たちはどうなるのかと不安になりました。


その後、デートを重ね、最初はお友達としか見れなかったけど、強烈なラブビームを受けまくり、

8月初めに、結婚を前提に、彼氏として付き合いはじめました。

そして、9月には、2泊3日で伊豆の温泉に、初めてのお泊り旅行もしました。


付き合ってみるととても優しくて信頼できる人だと気づき、10月には結婚することを決意しました。

その後はお互いの両親と会ったり、結婚の準備で大変!

でも、そのプロセスの中からも、信頼がより深まっていきました。

そして、2月14日のバレンタインデーにめでたく入籍を果たし、3月にはハワイ・オアフ島にてずっと夢だった海外挙式をし、

4月6日に新横浜にて無事披露宴を終えました。


現在は海のそばの新居でラブラブな新しい生活をしています。

思い返してみると、まだメールで知り合って1年しか経っていないんですが、

あっという間の、そして、いろんなことがありすぎて、でも、とても充実した時間でした。


ラブサーチのおかげで、私たちは幸せを掴むことができました。

本当にありがとうございました。


1 2 3 4